診断時:64歳
インタビュー時:69歳(2008年5月)
北陸地方在住。2003年6月、退職直前の人間ドックでPSAが4.3とやや高いことが分かり、精密検査で初期の前立腺がんと診断された。すぐにホルモン療法が始まり(術前投与のみ)、手術も勧められたが、他の治療法を求めて、インターネット等で情報収集をした結果、最終的にHIFU(ハイフ=高密度焦点式超音波療法)を選択し、2004年4月に施術を受けた。術後4年経過して現在はPSAの値も安定している。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

北陸の県庁所在地に住むW.Zさんは、仕事をリタイヤする直前の人間ドックで、PSAが4.3とやや高いことを指摘され、生検や骨シンチ、CT、MRIなどを受けたところ、初期の段階で、中程度の悪性度の前立腺がんと診断された。すぐにカソデックスとリュープリンによるホルモン治療を開始。手術もできるといわれたが、手術で性機能障害が残った知人の話を聞いていたため、「切った張ったの手術だけはしたくない」と考えて、インターネットなどを使って他の治療法についての情報を集めた。

まずは主治医に陽子線治療の臨床試験に参加できるかどうかを問い合せてもらったが、参加は難しいということだったので、次に小線源療法をやっている東京の医療機関を訪ねた。非常に混んでいて施術は半年先といわれたが、とりあえず予約を入れた直後に、妻が新聞でHIFU(高密度焦点式超音波療法)の記事を見つけた。それも東京の病院だったが、再び紹介状を書いてもらって受診したところ、PSA値が10以下で、がんが前立腺の中にとどまっているため、高い治療効果が見込めるということで、HIFUに決め、2004年4月に3泊4日で施術を受けた。

退院後、一時的な排尿障害があって不安になったが、2ヵ月ほどしてからは趣味の峠歩きも再開して、今は3ヶ月に1度血液検査を受けるだけになっている。PSAの値は0.1~0.3付近を上下しており、あと1年様子を見たら、その後は半年か1年に1度の検査でよいことになる。そこまで行けばもうほとんど完治したとみていい、と医師から言われている。

前立腺がんの診断を受ける数年前に脳梗塞で倒れて一時半身不随になったことがあり、自分にとってはそのときのほうが大きな転機だった。ただ、趣味の峠歩きのことを綴ってきたホームページに、前立腺がんの体験とそれまであまりなかったHIFUの情報を載せて、掲示板も作ったところ、多くの人が訪れるようになり、患者同士の活発な情報交換がなされるようになった。自分自身は最近は特に変化もないので書くことがないが、医師もこのページを見ているらしく、周囲からも続けて欲しいといわれているので、続けられる限りは続けて行こうと思っている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー07:体験談一覧