※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

診断時:64歳
インタビュー時:69歳(2008年5月)
北陸地方在住。2003年6月、退職直前の人間ドックでPSAが4.3とやや高いことが分かり、精密検査で初期の前立腺がんと診断された。すぐにホルモン療法が始まり(術前投与のみ)、手術も勧められたが、他の治療法を求めて、インターネット等で情報収集をした結果、最終的にHIFU(ハイフ=高密度焦点式超音波療法)を選択し、2004年4月に施術を受けた。術後4年経過して現在はPSAの値も安定している。

詳しいプロフィールを見る

生検というのは、お尻の穴からこう見て、針を前立腺に差し込んで組織を採るんですけども、まあ先生によってだいぶやり方も違うんですよね。私が一番最初やったのは、ものすごい格好、こう足を上げてから、ねえ、すごい格好で、こうやって。次やったときはこう寝てて、すぐ横からひゅひゅっと浣腸するような感じでやったんですよね。もう先生によって、だいぶ違うし、また考え方もいろいろとなって、僕の場合は6カ所、同じ病院ですから、6カ所って決まっているみたいなんで、そこの病院はね。病院によっては、10カ所とか、10何カ所とか、あるいは何十カ所やる先生もいるらしいんですよね。だから、そこら辺がよく分からないですよ。でも、あの、だから、僕が6カ所やって。先生に「何カ所やるんですか」ったら、「6カ所」って。「10何カ所やる病院もありますけど」って言ったら、「6カ所で十分だよ」っていうかね、言うんでね。まあそう言われると、「まあ、そうですかね」って言うしかないんですけども。何かそういう、決まりっていうか、何かもっと医者同士が話し合って、何カ所がいい、適当かどうかぐらい、決まっていてもいいかなと思うんですけどね、ええ。まあ、取り逃がさないっていうことを単純に考えればね、多いほうがいいっていうことにもなるんですけど、100、どこか100カ所もやったとかいう、そういうまあ外国の話があって、そんなことしたらぶつぶつになっちゃいますね、体ね。思いますよね。でも、6カ所でも見つかるときは見つかるし、10何カ所でやっても見つからなくてっていうこともあるし、そのまあなかったんだからって言えば、それなんですけども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る