※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

診断時:64歳
インタビュー時:69歳(2008年5月)
北陸地方在住。2003年6月、退職直前の人間ドックでPSAが4.3とやや高いことが分かり、精密検査で初期の前立腺がんと診断された。すぐにホルモン療法が始まり(術前投与のみ)、手術も勧められたが、他の治療法を求めて、インターネット等で情報収集をした結果、最終的にHIFU(ハイフ=高密度焦点式超音波療法)を選択し、2004年4月に施術を受けた。術後4年経過して現在はPSAの値も安定している。

詳しいプロフィールを見る

それはたまたまね、僕が毎年人間ドックを受けていた病院は、われわれが知らないうちにPSAの検査もしていたんですよね。で、そのデータがずっと年ごとにあって。それで僕は最後、会社辞めるときに受けて、急に(値が)大きくなったということが分かったわけですよね。だから、幸運だったんですよね、それは。別にPSAも、検査してくれって言わなくても、ずっとそういうの(検査)をされていたんで。で、今は皆さんは、されているのかどうか知りませんけども、まあやっぱり年取ってきたら、するべきですよねえ。確かそのときはね、その会社は40歳以上は、毎年人間ドックを受けろっていうことになっていたと思うんですよね。ええ。で、毎年受けていたんですけど。その最後の人間ドックで、要精密検査になった…っていうんで、まあ幸運と言えば幸運だったかもしれませんよね。それを受けなければ分からなかったわけですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["slug"]=> string(7) "kenshin" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["category_nicename"]=> string(7) "kenshin" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る