※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

診断時:64歳
インタビュー時:69歳(2008年5月)
北陸地方在住。2003年6月、退職直前の人間ドックでPSAが4.3とやや高いことが分かり、精密検査で初期の前立腺がんと診断された。すぐにホルモン療法が始まり(術前投与のみ)、手術も勧められたが、他の治療法を求めて、インターネット等で情報収集をした結果、最終的にHIFU(ハイフ=高密度焦点式超音波療法)を選択し、2004年4月に施術を受けた。術後4年経過して現在はPSAの値も安定している。

詳しいプロフィールを見る

まずは、その、がんが前立腺の中にとどまっているということがまあ一番の条件ですね。うーん、それ、ほとんどそれに尽きるんじゃないかなと思うんですけど。あと、何か、あの…放射線をした人でも何でも構わないんですよね。まあ、それはもう前立腺がなきゃどうにもなりませんけど、ええ。だから、前立腺…いや、HIFUがいい、利点っていうのは放射線じゃないので、HIFUをした後でも摘出手術でもできるし、放射線も治療もできるんですよね。それがいいとこですよね。で、HIFU…まあホルモン療法をしてても構わないとは言われて。うん、あと、特別、何か条件はなかったように思いますね。
まず、あの、そのいろんな、先生の、治療したデータをずうっと分析したのがね、そのホームページに載っているんですけども。それによると、その初期の段階、僕みたいに、そのPSAが10以下のね、初期の段階はものすごい治療の効果が高いんですよ。で、それが大きくなってくると、もうどんどんどんどんその治療効果が落ちてくるんですよね。で、それはまあそういうデータで、もう10…発見時にPSAが15だ、20とか、あるいは30とか、まあいますけども。そうなってくると、HIFUを2回したとかね、中には3回した人もいらっしゃいますし。だから、まず条件としては、その初期のっていうのが、一番適用性…適した、HIFUに適した治療方法だということになるんじゃないかですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(83) ["name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["slug"]=> string(4) "hifu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(83) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" ["cat_ID"]=> int(83) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["category_nicename"]=> string(4) "hifu" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る