※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー07

診断時:64歳
インタビュー時:69歳(2008年5月)
北陸地方在住。2003年6月、退職直前の人間ドックでPSAが4.3とやや高いことが分かり、精密検査で初期の前立腺がんと診断された。すぐにホルモン療法が始まり(術前投与のみ)、手術も勧められたが、他の治療法を求めて、インターネット等で情報収集をした結果、最終的にHIFU(ハイフ=高密度焦点式超音波療法)を選択し、2004年4月に施術を受けた。術後4年経過して現在はPSAの値も安定している。

詳しいプロフィールを見る

その、私いつも疑問に思うのは、もっと前立腺がんがどこにあるかって、もっとはっきり分かればね、それはそれをちゃんと取ればいいんですから。だから何か…PSA値だけで何か、何しろ「前立腺がんだ」っていうんで、やたらめったらそこら辺をこう、いじくり回しているような気もしないでもないんですけどね。まあ取るっていうのは、もちろん一番いいのかもしれませんけどね。全部取ってしまう。いや…それにしても何か、必ずしも100%ではないんですよね、あれ、根治手術っていいますけどもね。だけど、まあ私の場合は、まあ良かったというふうに思っているんですけどね、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["slug"]=> string(7) "kenshin" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "PSA検査・検診" ["category_nicename"]=> string(7) "kenshin" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る