インタビュー内容テキスト

管を入れたままで、退院するときは、そのまあ袋はぶら下げてないんですけども、管の先をこう栓で止めてね。こう、止めてね、こう。そうやって生活するわけですね。それだと、シャワーでも風呂でも入れるんですよね。だから、まあ何ていうかな…まあちょっとややこしいけども、おしっこするとき、いちいちこうやって栓を外して、こうやって、ね。管でやりますから、まあそういうのがちょっと面倒は面倒ですけども。
まあ聞いてはいたんですけども、あの、前立腺を、生身の、こう焼くわけですから、そのぼろぼろ焼いたカスが詰まるとかね、血も出ますし。で、しょっちゅう…1つにはその、尿が出なくなる、そういう障害が多いっていうのを聞いてましたんで、そういうのになったらどうしようかっていう不安もね、ありました。不安がね。
で、確かにそういうこともあったんですけどね。もう全然、何か膀胱が(尿でいっぱいになって)腫れているのに出ないってなると、もうカーッとしてきてね。こうなって、「大変だ、どうなるんかなあ」と思って。「これはすぐに医者のところへ行かなきゃな」ってんで、車へ乗って、もう行くんですよね。そうすると、その震動が何か効くのか知りませんけども、もうものすごい尿意で、もう我慢できなくなるぐらいに、なってくるんですよ。それで、もう途中、その病院まで案外遠いもんですから、途中コンビニかなんか探して飛び込んで済ませたりしましたね。で、まあもう出たんだから、病院行く必要ないなあと思って。また、帰り、またすごい尿意がね、催して。で、もうそれは、あとは家まで我慢しなきゃあかんと思って、こうやって行きましたけども。そういうことがあったんで、今度は、また出なくなったときは、またね、車を運転してそこら辺をドライブしてくればいいっていうことになったんですわ。確かに、これは私の場合ですけどね。その震動かなんかで、あの、出るようになるんですよね。
バルーンカテーテルは抜いた後は、まあそういう、ちょびちょびっていうかね、その、やっぱし、パンツが汚れるんですよね。その、血がにじむようなとか、色が付くとかね。それで、何かいろんな、私もそのホームページでいろんなことを聞くと、おしめみたいなのをね、当てている人もいるし。で、私も何かちっちゃな、こうカット綿みたいなのを、こうパンツの中に入れて、あまりパンツが汚れるのも気持ち悪いからっていうことでやっていましたけどね。でも、それもだんだんと、きれいになってきてからは、まあ卒業しましてね、ええ…。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言