インタビュー内容テキスト

あの、もう一つ、そうですね、加えるとすれば、うーん、まあ、早期診断・早期発見というのはこれはどこの世界、どの医学の世界でも大事なことですが、ただ、がんのできる場所によって運もありますから、前にも申しましたように、不運があったらこれはもうしようがないんだと、半分あきらめて、残りの半分は、じゃ、この運命をどう切り開こうかという方法論を自分なりに探すということが必要じゃないんでしょうかね。それは非常に難しいことですけれども、自分なりにどう判断するか。
私が昔、高等学校のときに考えたのは、メーテルリンクの「青い鳥」、メーテルリンクは生物学者でもありますが、私はむしろ「青い鳥」を読んだときから彼は哲学者だと思っているんです。チルチル、ミチルが、青い鳥を探していくときに、未来の国という所へ行ったんですね。そうするとそこでたくさん命(生まれていない子供たち)があるんですけれども、肉体の数が少ないんで地上に降りて行く順番を待っている。で、命が、順番が回ってきたときに肉体をもらって地上へ降りていくんですが、その生まれていない子供が持っている袋は何かと聞くと、天使が、「生まれていく時持って行くもので、中に猩紅熱と百日咳とはしかが入っていて、それで死ぬ」という。「生まれる意味がない」というと、だってしかたがないんでしょうと(つまり、運命だと)。これを読んだ時非常に恐怖にとらわれた。たまたま夜、寮で読んでたせいもあるんですが、こうやっているのを、上から誰か偉い人が見てるんだと思ったら身動きできないくらい怖くなって、それで便所へも行けないんですね。で、大便に行くときは、同級生、もう亡くなった、ある大学の教授になった人ですけど、同級生に、おまえ、便所までついていってくれといって便所までついていってもらって、で、その臭い前で待った。ほんとに臭い仲だなと言いながら、まあ、後で言ったジョークですけど、そのときはそんなジョークは言えませんが、その友達が便所までついていってくれて、それで部屋へ帰って。で、排尿は寮の窓からすりゃいいんですから、寮の窓というのは、寮の雨と称して寮雨、寮雨と言いますから、それは楽なんです。ですから、窓の下はアンモニアが強くてだんだん苔が生えなくなったということもありました(笑)。そういうことで、怖かったんです。で、ご飯も食べれません。怖くて。だから、食堂行かずに、賄いから、病人食というか、食事だけ運んでもらって、それで2日ぐらい学校を休みました。自分で診断書、じゃなくて、欠席届を出すんですね、昔の高等学校、旧制の高等学校ですから。で、扁桃腺か何か書いたんですかね、何か欠席届を友達に出してもらって休みました。
で、2日目の日、ふっと気が付いたら、なるほど天使は生まれたときと死ぬことは言ってるけども、地上についてのことは何も言ってないと。地上については、そういう誰か偉い人はわれわれを支配してないんだと。ふっと気が付いたら、それから急に明るくなって、「おれは自由だあ」って、寮の廊下じゅう怒鳴り回って歩いて、みんなが出てきて、「ああ、良かった良かった」ってみんなが一緒にストームやってくれたりして、そういうことがありました。だから、「青い鳥」は、私にとっては、今でも人生を考えるための、本当のバイブルなんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言