診断時:83歳
インタビュー時:85歳(2008年6月)

首都圏在住の医師。70歳前後に前立腺肥大で経膀胱的前立腺切除術を受けた後、80代に入って肺がんと大腸がんが見つかったが切除術を受けて完治。2006年に前立腺がんの診断を受けたときも、高齢のため経過観察か保存療法を勧められたが、がん細胞が残っているのはイヤなので手術を選択。術後は尿漏れの心配からおむつを着用しているが、特に困ったことはなく、今も透析クリニックの院長として多忙な日々を過ごしている。

語りの内容(テキストのみ)

気を付けてることというのは、やっぱり、一定の時間が来たら、お手洗いに行くことですね。それで、なるべく漏らさないようにといいますか、おむつになるべくおしっこをためないようにしないと、やっぱりあふれちゃったら困りますから。水の制限は別にしてません。普段はしてないんですが、時間が来たらお手洗いに行くようにして、そうすると、まあ、たくさんは出なくても、一応膀胱をある程度空にしておくということだけは気を付けています。だけども、おむつをしているという安心感がありますから、忘れたら忘れたでいいやと、こういうふうには思っていますし、そんなに神経質にはなりません。
それから、水をあんまり制限しますと、これは脱水になったり、何か特に高齢者の場合は多いですので、おむつをしているという安心感のほうが、あの、水を飲む、尿が多くなるという不安よりも大きいように思っていただいて、おむつを1つ余分に用意しておいて、いっぱいになったら取り換えりゃいいやと、いうようなつもりでおられればいいんだろうと思います。だから、私も、かばんの中にはいつも代わりのおむつは用意してあります。で、職場にも1つ別に置いてあります。ただ、それを使ったことはないんですが、そうすると、安心しておりますから、それから、もし万一の場合を考えて、パンツとズボン下というのも一緒にかばんの中に入れることもありましたが、今はよほどのときでなければ持ちません。それは、少し荷物が多くなるだけですけれど、そんなに重くありませんから、せいぜい200~300グラムぐらいのの重さで、あまり気にしてはいません。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧