※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:83歳
インタビュー時:85歳(2008年6月)

首都圏在住の医師。70歳前後に前立腺肥大で経膀胱的前立腺切除術を受けた後、80代に入って肺がんと大腸がんが見つかったが切除術を受けて完治。2006年に前立腺がんの診断を受けたときも、高齢のため経過観察か保存療法を勧められたが、がん細胞が残っているのはイヤなので手術を選択。術後は尿漏れの心配からおむつを着用しているが、特に困ったことはなく、今も透析クリニックの院長として多忙な日々を過ごしている。

それで、私自身ががんを取っていただいた後で、まあ、確かにそれはもう勃起はしませんし、別にそういうことを不便と思ったことはありません。不便なことは、やっぱり尿漏れがあることで、一生懸命練習リハビリをしたんですけれども、2年たっても、今でもおむつを当てております。
それから、女性を見て美しいなと、あの人はきれいだなと、いうふうに思うことはあります。トルストイが、女性を見て美しいと思うのは姦淫を犯せるものなりというようなことを言ってる、と読んだこともありますが、別に美しい女の人を見て美しいと思ったらそれはいいんで、それを美しいと思うことは、勃起神経はなくても、睾丸は残っているから、性欲に似たようなものはあるんでしょう。だけど、実行が伴わないですから、まあ、「プラトニックラブ」といって私はジョークを言いますが、そのために前立腺を取ったことによる障害というのは苦痛はないし、がん細胞がないということがどんなにすばらしいことかということは、今でも感じております。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧