診断時:83歳
インタビュー時:85歳(2008年6月)

首都圏在住の医師。70歳前後に前立腺肥大で経膀胱的前立腺切除術を受けた後、80代に入って肺がんと大腸がんが見つかったが切除術を受けて完治。2006年に前立腺がんの診断を受けたときも、高齢のため経過観察か保存療法を勧められたが、がん細胞が残っているのはイヤなので手術を選択。術後は尿漏れの心配からおむつを着用しているが、特に困ったことはなく、今も透析クリニックの院長として多忙な日々を過ごしている。

語りの内容(テキストのみ)

組織を取ったところにはないけども、取ってないところにはあるかもしれない。それはどの生検でも同じですね。ええ。でも、それは確率の問題ですから。人生確率で生きてるんですよ。昨日まで私は元気だったんだから、明日も元気だろうというのは、単なる確率論にすぎないんです。だから、それはしようがないと思います。世の中に100%みたいな化け物はありません。獅子文六の「自由学校」という小説の中にありましたね。化け物みたいな人間はいないんだよということを誰かの言葉として言っていたと記憶しています。だから100%診断できる医者はいませんし、その何%かの診断から漏れたら、それは運と思わなければ、しようがないのでは? どっかで、あきらめるということも人生ですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧