※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:83歳
インタビュー時:85歳(2008年6月)

首都圏在住の医師。70歳前後に前立腺肥大で経膀胱的前立腺切除術を受けた後、80代に入って肺がんと大腸がんが見つかったが切除術を受けて完治。2006年に前立腺がんの診断を受けたときも、高齢のため経過観察か保存療法を勧められたが、がん細胞が残っているのはイヤなので手術を選択。術後は尿漏れの心配からおむつを着用しているが、特に困ったことはなく、今も透析クリニックの院長として多忙な日々を過ごしている。

ただ、困ったことは、腹圧が上がると、尿漏れはありますから、せきをしたとか、くしゃみをしたとかというときは漏らすことはありますね。これを何とかなくさなきゃいけない。まあ、くしゃみだけはなるべくしないように、人に悪いうわさをされないように? 抗ヒスタミン薬で、なるべくくしゃみをしないように時々は心掛けていますし、それから、薄着をしてくしゃみをしないように、湯冷めしないようにとかしてます。それから、せきは、まあ、これもなるべく風邪を引いたら咳止めの薬を飲むようにはしてますけども、そんなに頻回にそういうことがあるわけではないんで、くしゃみとせきがやっぱり尿漏れをする原因の一つですね。で、あとは、あー、そう不便なことはありません。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧