※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー12

診断時:83歳
インタビュー時:85歳(2008年6月)

首都圏在住の医師。70歳前後に前立腺肥大で経膀胱的前立腺切除術を受けた後、80代に入って肺がんと大腸がんが見つかったが切除術を受けて完治。2006年に前立腺がんの診断を受けたときも、高齢のため経過観察か保存療法を勧められたが、がん細胞が残っているのはイヤなので手術を選択。術後は尿漏れの心配からおむつを着用しているが、特に困ったことはなく、今も透析クリニックの院長として多忙な日々を過ごしている。

詳しいプロフィールを見る

そのほか注意するっていうのは、なるべく、括約筋といいますかね、筋肉を鍛えなきゃなりませんので、本当は、多分手術をしたときに看護婦さんからいろいろ、括約筋の運動療法というか、うまくお尻を締める方法を教わると思うんですが、それはやっぱり電車の中でも思い出したら、なさって鍛えておいていただいたほうがいいですね。ただ、そう忙しいですから、そんなのをしょっちゅう気にしていると、駄目で、私も、「思い出すようじゃ情けが薄い、思い出さずに忘れずに」という昔の江戸の男女の色事がありますけれども、そのつもりで、時々思い出しては、練習をしてます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11079 (17) { ["term_id"]=> int(76) ["name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["slug"]=> string(4) "more" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(76) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(35) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(76) ["category_count"]=> int(35) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["category_nicename"]=> string(4) "more" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る