※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:58歳
インタビュー時:58歳

九州地方在住。2008年3月に診断を受け、4月に前立腺全摘除術(勃起神経温存)を受けた。術後は会陰部の痛みがひどかったが、4ヵ月が経過した今はなくなり、尿漏れがごくたまに起こる程度。3ヵ月に1回の検査で経過を見ている。5年前に妻をがんで亡くしていて、妻の闘病中には、懸命にがんについて勉強した。建設会社で総務の仕事をしている。子どもたち3人はすでに自立。愛犬と暮らしている。

―― うんうん。それでとにかく(勃起)神経は温存されて、で、それが、ご自身にとってはすごく大事なものとして、2つの心配されていた中の1つであったということなんですね。

うん、うん、そうですね。ただまあ尿管を切っているわけですし、精嚢を取っとるわけなんで、状態としたらパイプカットした状態ですよというのは言われましたね。じゃ、どうなるんですかって言ったら、普段とは恐らく変わりませんからって言うから、ああそうですかって。で、別に変調もないし、ま、いいんだなと(笑)思ってますけどね。

―― パイプカットというのは、もうちょっと詳しく聞いてもいいですか。

結局、精嚢で作られるわけですね、精子が。で、それが溜まって射精で出るんですけど、も、それは尿管(尿道)を通って出るわけです。けど尿管(尿道)を切ってしまっている、で、ま、繋げてはいるんですけど、精嚢を取っとるから、溜まらない*1。そこを通らないのか、もう通らなくなったんだ。あ、そうですよ、切ってしまっている。もうパイプカットと一緒ですね。だからパイプカットと同じなんですよということで。

―― その、機能的には残ってない、性機能としては…?

だからもう、いわゆる子どもが作れない状態ではあるわけですね、射精しないから。

―― それについてはそのご自身では手術を受ける際にそういうふうな、まあ副作用というか、そういう後遺症になってしまうっていうのは承知の上で受けられたということですね。

いや、パイプカットはあとから聞きました。あとから私が質問したのか。ただ、うん、インポテンツに、一時期ですね、なる可能性があるということと、尿失禁は事前にあったんです。

―― その、まあ射精ができなくなるというお話は、じゃああとから聞いたわけですね。

そうですね。

―― うーん、それはお聞きになったときはどういうふうに感じましたか。それはあの聞いてなかったから、大分こうびっくりされたことでしたか。

いえいえそれはしょうがないことですし、考えてみればそれはそうだなって思いますから、だから、だから、例えば私がまだあの、若くて、子どもを作ろうという予定があれば、あれですが。まあそれがあれば、医者も事前に言っていたんじゃないでしょうかね。で、医者も私が家内を亡くしたということをもう知ってましたし、そういうことで、まあ年齢が年齢ですから、まああえてご説明がなかったのかなという気はします。ただインポテンツになる可能性は言われているわけですからね。

*1精子は精巣で作られ、前立腺や精嚢からの分泌液と混じり、精管(後に射精管)を通って、精液として尿道へ排出されます。前立腺がんの手術では、前立腺とともに、精嚢、前立腺が付着している部分の尿道を切除し、残った上下の尿道を繋いで尿が流れるようにします。つまり精巣は残っているので、精子は作られますが、精液となって排出される通り道がなくなります。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧