※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:58歳
インタビュー時:58歳

九州地方在住。2008年3月に診断を受け、4月に前立腺全摘除術(勃起神経温存)を受けた。術後は会陰部の痛みがひどかったが、4ヵ月が経過した今はなくなり、尿漏れがごくたまに起こる程度。3ヵ月に1回の検査で経過を見ている。5年前に妻をがんで亡くしていて、妻の闘病中には、懸命にがんについて勉強した。建設会社で総務の仕事をしている。子どもたち3人はすでに自立。愛犬と暮らしている。

詳しいプロフィールを見る

私は入院したことも手術をしたこともなかったんですね、今までね。だから手術ということ自体が非常に恐かったんです。がんの恐さよりも手術の恐さがもう先に立って、先生にもう、どういうふうな手術なんでしょうかとか、自分自身でも、前立腺がんの全摘の手術ってどんなものなのかって勉強もし。本を読んだり、いろんな人に聞いたりもしたんですよね。で、やはりやっぱり恐い、全身麻酔やってそのまま(笑)もう子どもみたいなんですけど、もうそのまま目が覚めないんじゃないだろうかとか、あー、手術はうまくいくんだろうか、痛いだろうなとか、そんな不安ばっかりだったんですよ。
で、これはあるアメリカの人が書いた、まあ、がん全体の本だったんですけど、手術に、を決める際には遠慮なく、ドクターに質問をしていいですよって、いろんな項目があったんですね。で、その中で、ドクターに対して、あなたは同じような手術をどのくらいの経験があるんですかという質問をしていい、って書いてあったんです。で、私もあーなるほどな、と思って、非常に失礼なんですけどね、ちょうど担当の先生とまた診断のときにお話があったときに、もう思い切って聞いたんですよ。「先生、失礼ですけど、私も非常に手術に対して不安です」と。「で、聞くと非常に難易度が高い手術だと、聞いておりますので、お尋ねしたいんですが、先生はこのような手術をどのくらい経験されたか教えてください」って聞きましたら、先生、やはり真面目にこう質問したからでしょうか、非常に、真面目な態度でお答えになったのが、「私は同じような手術を今まで100回以上しています。で、月に1回は執刀していますよ」というお答えをすぐいただきましたね。で、私ももう、そこで決めました。「わかりました」と。「じゃあ私も安心ですから、ぜひ先生に手術は執刀してください」ということで、手術に臨むことは出来たんですけどね、やはり間際まで恐かったですね(笑)。ある程度安心はしましたよ。「僕の先生は何回も経験がある人だから、安心なんだ、安心なんだ」っていいながら。
そして、まあこれは僕の、親しい人のアドバイスですけども、「手術まで決めたのならもう本を読んだり、いろんな勉強はもうしないほうがいいよ」と。「そのまま体を預けて、手術に向かったほうがいいよ」ということなんで、私ももう本を読むこともやめたし、あとは先生の指示に従って、いわゆる自己血液の貯血ですか、あれをする程度でしたかね。それで、まあ手術に臨んだということでしたねえ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11079 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(12) "手術療法" ["slug"]=> string(7) "zenteki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "手術療法" ["category_nicename"]=> string(7) "zenteki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る