※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:58歳
インタビュー時:58歳

九州地方在住。2008年3月に診断を受け、4月に前立腺全摘除術(勃起神経温存)を受けた。術後は会陰部の痛みがひどかったが、4ヵ月が経過した今はなくなり、尿漏れがごくたまに起こる程度。3ヵ月に1回の検査で経過を見ている。5年前に妻をがんで亡くしていて、妻の闘病中には、懸命にがんについて勉強した。建設会社で総務の仕事をしている。子どもたち3人はすでに自立。愛犬と暮らしている。

それで、手術後、一番まああのー、私のことより気になったのが、子どもたちのことが、やっぱり一番気になりまして。まあ心配かけたなっていうのと申し訳ないなっていうのが。まあ家内もがんで亡くなって、私ががんになったっていうことは、非常にリスクが強くなったっていうか、子どもたちがですね、っていうのがちょっと申し訳ないなって思ったんですけどね。まあお医者さんにその話をすると、「もうそんなことあまりいわ、言わないほうがいいですよ、子どもさんが気にしすぎるといけませんから」って言われたんで、表には出さないんですけど、子どもたちにちょっと負担かけるかなあっていう、気がしました。だから子どもたちにはすぐにもう、私ががんってわかったときに、すぐ電話して、「お父さんがんだか らって、これこれだから」っていうことを伝えました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧