※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:58歳
インタビュー時:58歳
九州地方在住。2008年3月に診断を受け、4月に前立腺全摘除術(勃起神経温存)を受けた。術後は会陰部の痛みがひどかったが、4ヵ月が経過した今はなくなり、尿漏れがごくたまに起こる程度。3ヵ月に1回の検査で経過を見ている。5年前に妻をがんで亡くしていて、妻の闘病中には、懸命にがんについて勉強した。建設会社で総務の仕事をしている。子どもたち3人はすでに自立。愛犬と暮らしている。

詳しいプロフィールを見る

その担当医の先生に、「がんです。早期です。いろんな治療法があります」と言われた時にですね。まあ最初の日だったんですね、それで「一度帰られて、ゆっくりご家族の方と相談して、その手術にするかどうかを決められたらどうですか」と、もちろんその、優しくっていうか、「ホルモン治療もあるし、放射線治療もあるわけですけど、どうでしょうか」って言われたんですね。ただ僕は、手術自体は恐い。ただやっぱ手術は、せにゃいかんなって思ってたんで、ここで1回家に帰ると、もう出て来れなくなるんじゃないか(笑)っていう、弱い自分を知って、気付いていたんでね、ここは退路を断たないといけないなと思って、「先生もう手術します。もう手術で進めてください」って、僕言ったんです。そうしたら先生のほうがびっくりされて、「いいんですか」って(笑)。もうだからその日に手術の日を決めました。でも、まあ、退路を絶たんと、もう恐いでしょう、ずるずるいくといかんから、と思ってですね。

――すごく不安だったにも関わらず、やっぱり手術にしようと思った、その理由というか、これがあったから手術にしたっていうのって、何か?

うん、まあ、自分なりにあれしたの、今もう医学が進んで、放射線技術も進んで、手術と変わらないような効果が期待できるっては、まあ、知ってたんですけれども、「実際に取ってしまう、」で、「取ったあと、どういう状態になったのか見れる」、やっぱこの2点ですね。完全に取れる。で、状態…中が見れる、見れるでしょう、開いて。で、本当に周りに転移がないかもわかるし、取ったあとに中がどうなったのかもわかるしっていうのもあったからですねえ。そりゃあ、もう薬飲んだほうが治療自体は楽なんですし、放射線のほうが…まあ僕は当てたことがないんですけど、いいのかなとは思いつつ。そうやって踏ん切りましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(12) "手術療法" ["slug"]=> string(7) "zenteki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "手術療法" ["category_nicename"]=> string(7) "zenteki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る