※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:58歳
インタビュー時:58歳
九州地方在住。2008年3月に診断を受け、4月に前立腺全摘除術(勃起神経温存)を受けた。術後は会陰部の痛みがひどかったが、4ヵ月が経過した今はなくなり、尿漏れがごくたまに起こる程度。3ヵ月に1回の検査で経過を見ている。5年前に妻をがんで亡くしていて、妻の闘病中には、懸命にがんについて勉強した。建設会社で総務の仕事をしている。子どもたち3人はすでに自立。愛犬と暮らしている。

詳しいプロフィールを見る

検査の結果は、早期だと。だからいろんな選択…治療のですね、選択肢はあるけれども、はっきりは言われなかったんですが、まあ手術というふうなことをおっしゃられて。あの、小線源といいまして小さな放射線を入れる治療方法も、あったんですね。私もそれは知っていたんですけど、「それじゃいけませんか? 」と。痛くなくて済みますからね。で、言われたんですけど。「それは(G.Aさんの場合は)ダメです」と。というのはがん細胞の中に、ちょっと性質の悪いのが混ざってまして、これがあるから小線源じゃなくて、もう摘出のほうが、より結果がいいじゃないのかなという、アドバイスを受けたんですね。で、私も「もうこれは、いよいよ手術せないかんのかな」という覚悟はしていたんですけれども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(81) ["name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["slug"]=> string(6) "buraki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(81) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(81) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["category_nicename"]=> string(6) "buraki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る