※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー23

診断時:58歳
インタビュー時:58歳
九州地方在住。2008年3月に診断を受け、4月に前立腺全摘除術(勃起神経温存)を受けた。術後は会陰部の痛みがひどかったが、4ヵ月が経過した今はなくなり、尿漏れがごくたまに起こる程度。3ヵ月に1回の検査で経過を見ている。5年前に妻をがんで亡くしていて、妻の闘病中には、懸命にがんについて勉強した。建設会社で総務の仕事をしている。子どもたち3人はすでに自立。愛犬と暮らしている。

詳しいプロフィールを見る

――尿失禁なんかもありますし、その職場復帰してもやっぱり大変なことってあったと思うんですけども、実際それはどうでしたか、復帰されてみて。

ええ、もう、やっぱ尿失禁と、痛みはだいぶ薄らいでいたのか、ですね。もうしょうがないですよね、パッドをかばんの中に入れて(笑)、行ってました。

――パッドの交換とかもやっぱりかなり大変だった。どうですか。

んー、やはり最初の頃はまだ量が多かったからですね、しょっちゅうトイレ行ってましたよ。

――日に、その、最初の頃は何回ぐらい交換されてました?

どんくらいだろうな、今いいのがあって、ごわごわするんですけどね、何回だったかな、朝…、3回くらいかな、それでも。で、ビニール袋入れて。

――で、お仕事が事務職というふうにおっしゃってくださったんですけど。

事務職と営業も。だから外回りもあるんですよね。

――外回りのときは。

あ、もう、それはもう。

――なんかこう、工夫されてたこととかありますか、外回りのときに。

いえもう、今は失禁ではいろんな、あるじゃないですか。あの、パッドにしても、尿漏れ用パンツにしても。ああいうのでカバーできてましたから。ただ替えるのが面倒くさいだけでですね、それとムレと。それだけでしたよ。

――じゃあその替えるのでちょっと煩わしい思いをされたっていう感じ。

そうですね、まあちょっと、少し惨めな気持ちっていうか、も、ありましたけど(笑)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(76) ["name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["slug"]=> string(4) "more" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(76) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(35) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(76) ["category_count"]=> int(35) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["category_nicename"]=> string(4) "more" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る