※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

診断時:62歳
インタビュー時:71歳(2008年10月)
首都圏在住で妻と子どもとの4人暮らし。別の病気を疑って受診したがんセンターで、軽い気持ちで受けたPSA検査の値が高く、定期的に通院。4年後がんが発見された。高線量率組織内照射を受けるが再発。渡米して冷凍療法を受けた。それから4年が経過した今、徐々にPSA値が上がり始め、次をどうするか考えている。統合医療の医師にもかかり、免疫力を高めることを意識して代替療法を取り入れ、趣味のダンスを楽しんでいる。

詳しいプロフィールを見る

で…、「30さんの場合はやっぱりある程度限られちゃうなあ」って言ってましたね。というのは最初に放射線かけちゃうと、手術は非常にしにくくなるんですね。なぜかっていうと、あの、前立腺が尿道の隣りにありますよね。あ、違う、尿道じゃないや、あの、腸の隣りにある、直腸の隣りにある。だからくっついちゃうんですね。癒着しちゃうんです。ですから非常に切り離すのが大変だって言ってました。で、限られた中で何か一番いいかといえば、アメリカでやってるクライオかなあ、っていうふうにおっしゃってましたね。
アメリカではクライオをね、最初の治療、ファースト選択に選ぶ人も結構多いんですって。別に放射線とかあるいは手術と同じように、始めっからね、クライオをやる人も、もう結構いるらしいんですよ。かなりだから、あの、普及している、特殊な治療法ではなくて、普及している治療らしいです。で、僕の行った病院は大学病院ですけども―UCLAっつったかな―そこの看護師さんも医者も、そのクライオをやってからね、「もうこれであなたもう治ったんだから仕事も復帰できるし、なんでもできるよ」みたいな、すごくポジティブなことを言ってくれて。あ、僕仕事してると思ったらしいんですね、職業のことなんか言いませんから。で、リタイヤしてると思わなかったらしくて、仕事もバンバンできるよみたいなね、そんな言い方をして。まあ励ましてくれたんでしょうけども、でも実際にはそうじゃなかったんですね(笑)。それもやっぱり4年しか持たなかったですね。ちょうど今から4年前ですから、クライオやったのがね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(83) ["name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["slug"]=> string(4) "hifu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(83) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" ["cat_ID"]=> int(83) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["category_nicename"]=> string(4) "hifu" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る