※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

診断時:62歳
インタビュー時:71歳(2008年10月)
首都圏在住で妻と子どもとの4人暮らし。別の病気を疑って受診したがんセンターで、軽い気持ちで受けたPSA検査の値が高く、定期的に通院。4年後がんが発見された。高線量率組織内照射を受けるが再発。渡米して冷凍療法を受けた。それから4年が経過した今、徐々にPSA値が上がり始め、次をどうするか考えている。統合医療の医師にもかかり、免疫力を高めることを意識して代替療法を取り入れ、趣味のダンスを楽しんでいる。

詳しいプロフィールを見る

あの、やっぱり放射性物質を内部に直接入れるということが、すごく画期的に感じたものですから、これならやっつけられるんじゃないかと思ったわけですね。で、特になぜ良いかっていうと、外から、外部から当てる放射線治療っていうのは、外部から、体の外部から光線が入るわけですから、近くにあるね、膀胱とか、直腸とか、そういったものにも当たっちゃうんですよ。当たってほしくない部分に。だから副作用も心配されますし、治ったとしてもね、問題が…いわゆる副作用として出てくる場合が多いんですって。だけど内部照射する場合は、内部から出るわけですから、その、前立腺だけにしかかかりませんから、そういう意味では安全な方法だというふうに説明されて、納得したわけです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(81) ["name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["slug"]=> string(6) "buraki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(81) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(81) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["category_nicename"]=> string(6) "buraki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る