※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:71歳(2008年10月)

首都圏在住で妻と子どもとの4人暮らし。別の病気を疑って受診したがんセンターで、軽い気持ちで受けたPSA検査の値が高く、定期的に通院。4年後がんが発見された。高線量率組織内照射を受けるが再発。渡米して冷凍療法を受けた。それから4年が経過した今、徐々にPSA値が上がり始め、次をどうするか考えている。統合医療の医師にもかかり、免疫力を高めることを意識して代替療法を取り入れ、趣味のダンスを楽しんでいる。

やっぱり血尿がありましたね。これはあの、「(血尿が)あるから、別に心配しなくていいですよ」って、医者から前から言われてましたので。1週間ぐらい続いたかなあ。どうしてもおしっこの中に、血液が混ざっちゃうんですね。それはだんだん薄くなってきて、色が薄くなってきて、最終的にはおしっこだけになって、治りましたけども。
それは手術でもあるんですけども、尿漏れ、これがあるんです。

――クライオのほうですか。

クライオでも。僕もありました、確かに。で、まあ、それは覚悟して行ったんですけども、あの、帰って来るまではなんともなかったんですよ、大したことなかったんですよ。ほとんど漏れなかったかなあ。だから楽観してたんですけども、そのうちにだんだん漏れるようになって。知ってます?あの、パットっていうの、使う。

――どんな感じか、ちょっとご説明いただいてもいいですか。

あの、女性が使うあれがあんじゃないですか、生理用の。ああいうやつです。あれのもうちょっと大きいやつ。水、水を含む量が70cc、120cc、200cc、300cc(笑)みたいに、分かれているんですよ。それごとに厚みとかサイズが違ってくるんですけどね。だから漏れる量に応じてその中の適当なものを選んで、当ててなきゃなんない。それもね、1年ぐらい経つと治る人が多いって聞いてましたけれども、僕はいまだに治ってないです。

――いまだに。

4年経っても。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧