※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

診断時:62歳
インタビュー時:71歳(2008年10月)
首都圏在住で妻と子どもとの4人暮らし。別の病気を疑って受診したがんセンターで、軽い気持ちで受けたPSA検査の値が高く、定期的に通院。4年後がんが発見された。高線量率組織内照射を受けるが再発。渡米して冷凍療法を受けた。それから4年が経過した今、徐々にPSA値が上がり始め、次をどうするか考えている。統合医療の医師にもかかり、免疫力を高めることを意識して代替療法を取り入れ、趣味のダンスを楽しんでいる。

詳しいプロフィールを見る

―― ご家族の反応としては、どんな反応でしたか。

そうですね、はっきり覚えてませんけども、まあ、ある意味よかったんじゃないかなと思うのはね、親ってほら、子どもから見るといつまでたっても、親はいるもんだと思いがちじゃないですか。だけど、やっぱり寿命っていうもんがあるんだと。それは当たり前のことですけども。ある程度自分の身になってね、あ、うちの親父もそういう年なんだってことをね、認識するっていうのは悪くないと思ったんですね。だからこれからは自分自身の力で生きていかなきゃならないってことをね、悟らせる意味でも、親が病気になるってことは、そりゃあ、不幸ではあるけれども、子どもたちのためにとっては、精神的に自立させるためには、よかったんじゃないかと思ってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る