※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

診断時:62歳
インタビュー時:71歳(2008年10月)
首都圏在住で妻と子どもとの4人暮らし。別の病気を疑って受診したがんセンターで、軽い気持ちで受けたPSA検査の値が高く、定期的に通院。4年後がんが発見された。高線量率組織内照射を受けるが再発。渡米して冷凍療法を受けた。それから4年が経過した今、徐々にPSA値が上がり始め、次をどうするか考えている。統合医療の医師にもかかり、免疫力を高めることを意識して代替療法を取り入れ、趣味のダンスを楽しんでいる。

詳しいプロフィールを見る

――はい、その生検を受けることに関しては、そのご自身では何かこう抵抗というか?

ありますよ、だってそんなもんやりたくないもん、だって。生検なんてしたって別に治療になんの影響もありませんしね、本当はしたくないんですよ。ただ黙って(がんを)取ってくれたほうが僕はありがたいんですけども、医者の立場はまた医者の立場があるでしょうし、あるかないかわかんないのにね、取ってしまうってことはできないらしいですね。

――では、ご自身としては本当はもう取ってもらいたいぐらいなんだけどもっていうことなんですね。

ええ、そうです、そうです。だって今までの経過を辿ってみれば、(がんが)あるに、あるに決まってるじゃないですか。そのクライオをする前に、いったんあるっていうのが証明されたわけでしょ、生検で。だからクライオで行ったわけですよ。それでまたPSAが上がってきたんであれば、これはあの、クライオで死ななかった細胞がまた息を、復活してきたと考えるしかないわけですよね。

――もう、あるってわかっているものをあえてこう生検ってやらなくちゃいけないっていうのが。

そこはちょっとわかりませんね、僕は。納得いかないですね。だって生検してひとつもいいことないんですもん。ブスブスブスブスあの、傷つけるわけでしょ、前立腺に。血液を採ってくる、血液じゃないや、細胞を採ってくるわけじゃないですか、当然血も流れるわけですよ、その血の中にがん細胞が含まれてる可能性だってあるわけですよ、それが外に出て行く可能性だってあるわけですよ、それが僕はいやなんですよ。

――刺して、そのときに流れる血の中にがん細胞が含まれて、それがまた、どういう影響を与えると思いますか?

それはやっぱり一番その、前立腺の組織、あー、がん細胞の特色として骨に転移するっていうのがあるんですよね、骨に一番転移しやすい。骨盤とか、あるいは肺のこのあばら骨とか、だからそういう、形になって骨の痛み、痛みで、がんが転移したってことがわかるっていうことが一番いやですよね。

――生検するとそういう転移の可能性っていうのが、何かこう高まるっていうような感じっていうのはありますか?

します。医者は絶対そんなことはないって言うんですけど、僕はそうは思わない。だって当然血が流れるわけですから、生きている細胞に針を刺すわけでしょ う。当然流れますよねえ。それの中にが、がん細胞が入ってないっていう証拠は…、証明はできないですもんね。可能性としては絶対あると思うんです。だから、できたらしたくない。やはり医者は医者の立場があって、これこれありますから取りますというふうな順序を踏まないことにはできないと。それが辛いとこですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る