※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

診断時:62歳
インタビュー時:71歳(2008年10月)
首都圏在住で妻と子どもとの4人暮らし。別の病気を疑って受診したがんセンターで、軽い気持ちで受けたPSA検査の値が高く、定期的に通院。4年後がんが発見された。高線量率組織内照射を受けるが再発。渡米して冷凍療法を受けた。それから4年が経過した今、徐々にPSA値が上がり始め、次をどうするか考えている。統合医療の医師にもかかり、免疫力を高めることを意識して代替療法を取り入れ、趣味のダンスを楽しんでいる。

詳しいプロフィールを見る

僕70越してるでしょ、もう今さらもういいじゃないかと、ここまで健康に生きたんだからと諦めることだってできるわけですけれども、まだまだ僕は粘りたいと思ってますんで。そういう意味ではね、あの、決して自分が年取ったというふうには思ってなくて、むしろ若いつもりで、なんとしてでもこの病気を克服してやろうと。だって僕生まれて初めてこんな大きな病気になったんですから。

―― 生まれて初めて。

そうそう。だからあれですよ、これで死んじゃったんであればね、0勝1敗じゃないですか。

―― (笑)

だからせめてね、1勝はしたいんですよ。ほかの病気で死ぬのはもう仕方ないけども、これにはなんとか勝ちたいと、1勝だけはさせてくれと、そういう気持ちでいるんですね。

―― 1勝。

そう。あんまり、そんなに欲張りの、欲張りな要求じゃないと僕は思ってるんですけど(笑)
病気になる前と今とを比較してみるとね、僕、強くなったなと思うんですよ、精神的な意味でですよ。もっと僕はね、それ以前はあの、繊細で弱々しい感じの人だったような気がするんです、精神的な意味でね。それがですね、やっぱりその都度その都度、治療をする度に、いったんは良くなるんだけど、また上がってくる、そういうことを繰り返してきたわけじゃないですか。その都度あの、死に直面する、という経験をしたおかげで、やっぱりね、精神的にすごく強くなったような気がします。それがすごく違うような気がしてます。だからこの強さってものは、あの、最後までね、持ち続けたいと。仮に末期になったとしても、あの、持ち続けたいなと思うんですよね。よくほら末期になってね、体中パイプだらけに繋がれて、動くことも喋ることもできないで、ベッドに寝てるような、そんなときまでね、延命措置をしてほしくないって人が最近多い、多いじゃないですか。だけど僕は、そこまで行ってもね、なんかがんばりたいなって気があるんですよね。1日でもいいからがんばりたい。

―― 1日でもいいから。

うん。その、そのくらい強い思いが僕はありますね、今は。それがずっとそういう強い気持ちのままでね、いけるかどうかわかりませんけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(92) ["name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["slug"]=> string(6) "inochi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(92) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(92) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "inochi" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る