※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

診断時:62歳
インタビュー時:71歳(2008年10月)
首都圏在住で妻と子どもとの4人暮らし。別の病気を疑って受診したがんセンターで、軽い気持ちで受けたPSA検査の値が高く、定期的に通院。4年後がんが発見された。高線量率組織内照射を受けるが再発。渡米して冷凍療法を受けた。それから4年が経過した今、徐々にPSA値が上がり始め、次をどうするか考えている。統合医療の医師にもかかり、免疫力を高めることを意識して代替療法を取り入れ、趣味のダンスを楽しんでいる。

詳しいプロフィールを見る

あの、治療自体が何も痛みとか、肉体的な苦痛、まったくなかったわけですから、こんなもんでいいんだろうかと。こんなもんでがんは治るんだろうかと、いう気持ちはありました。でも、6ヶ月ぐらい経ってから初めて生検したんですね。そしたらPSAが見事に下がってるんですよ。0.5ぐらいまで下がってるんですよ。「あ、やっぱり効いたんだ」と思って、そんときは嬉しかったですね。これが続くのかどうかが問題で、それも先生もそのことは言ってましたけどね。それも定期的に測ってました。それがやっぱり4年続きましたね。でもだんだん3年目ぐらいから上がりだして、やっぱりこれは再発と判断しなきゃならないなと僕は思いました。先生も再発っていう言葉は言いませんでしたけども、そういうニュアンスのことは言ってましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(81) ["name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["slug"]=> string(6) "buraki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(81) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(81) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["category_nicename"]=> string(6) "buraki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る