※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー31

診断時:47歳
インタビュー時:63歳(2008年10月)
九州地方在住。1992年の夏、進行した前立腺がんと診断された。当時は、単身赴任中だったため、家族のいる故郷に戻って、治療を受けながら58歳まで仕事を続けた。最初は、家族にだけ、がんであることが告げられていた。ホルモン療法、化学療法、放射線療法、尿路変更術、緩和治療を受け、現在に至っている。診断当時小中学生だった子どもたちは、現在独立し、夫婦二人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

――抗がん剤の治療は、入院してされたのか、どんな治療だったのか、それから副作用はどうだったのか、その辺りのことを教えてください。

1回目が、入院、約2週間程度でした。というのは、抗がん剤を打ちはじめて、食欲はないし、で、だるいし、それで白血球が下がってしまって、これ以上下がったまんま退院はできないと。ということで一応、2週間ぐらい最初は入院してました。1回目がですね。で、退院したあと、家で髪の毛が落ちて、あの抜けるのが分かってきました。で、風呂場で、浴場でもう抜けてまばらになってしまって、それでまあ、髪の毛も薄くなったし…白髪になったし、それで一番もう最後には、剃ったほうがいいと思って、一応剃ったんですが、その間に抗がん剤を1年半続けたんですけども、最初は2週間。そのあと、また抗がん剤したときには、今度は10日。で、3回目はまあ1週間とか。そういうふうに時間、期間がだんだんだんだん短くなってきました。でも、一番最後には、一泊になってきまして、で、一泊を終わって、一番最後には、今度はもう通院というかたちで、抗がん剤治療は、通院というかたちでしました。で、抗がん剤治療、そうしているうちに、もうPSAが、下がって来んということで、抗がん剤を打ち切りということです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(82) ["name"]=> string(36) "抗がん剤治療(化学療法)" ["slug"]=> string(6) "kagaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(82) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "8" ["cat_ID"]=> int(82) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "抗がん剤治療(化学療法)" ["category_nicename"]=> string(6) "kagaku" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る