※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー31

診断時:47歳
インタビュー時:63歳(2008年10月)
九州地方在住。1992年の夏、進行した前立腺がんと診断された。当時は、単身赴任中だったため、家族のいる故郷に戻って、治療を受けながら58歳まで仕事を続けた。最初は、家族にだけ、がんであることが告げられていた。ホルモン療法、化学療法、放射線療法、尿路変更術、緩和治療を受け、現在に至っている。診断当時小中学生だった子どもたちは、現在独立し、夫婦二人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

そのあとに出血が、また出まして。それは尿じゃ、尿路変更というのは、えーと、身体障害者になっています、4級の。で、もちろん、膀胱から出ません。今、出血が出るのは前立腺からであって、それは膀胱に貯まって尿管から、尿管から出血が出るということで、今、出血が止まらんっていうことで、月に1…いや1週間に1回の輸血もしています。
最初わたしも、せっかく、まあ最初、五体満足で生まれてきたもんですから、ま、手術とかそういうやつは拒んできました。でも、最終的に排尿、排便するときにすごく痛みがありまして、その痛みを取るためには、もう手術しかないということですね。今は別に、尿のほうは、もう何の心配はないですけども、今度は、前立腺が大きくなって、で、前立腺からの出血だけです。それを一応、先生に問い…聞きましたら、今の主治医では、もうどうしょうもできませんと、その出血は、もう仕方ありませんということだったんですけども、自分なりに、まだ別ないい方法あると一応、今、模索しているところです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る