※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー31

診断時:47歳
インタビュー時:63歳(2008年10月)
九州地方在住。1992年の夏、進行した前立腺がんと診断された。当時は、単身赴任中だったため、家族のいる故郷に戻って、治療を受けながら58歳まで仕事を続けた。最初は、家族にだけ、がんであることが告げられていた。ホルモン療法、化学療法、放射線療法、尿路変更術、緩和治療を受け、現在に至っている。診断当時小中学生だった子どもたちは、現在独立し、夫婦二人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

初めて血尿が出ました。そのときに、すぐ病院に行って、主治医に話したところ、もう、抗がん剤治療ということになりまして、抗がん剤を打ち始めて、血尿が1回止まりました。そうしているうちに、また、血尿が出て、抗がん剤治療を約1年半年ぐらい続けました。そのあとに、その後、もう、抗がん剤治療が効き目がないということになりまして、一応、先生、主治医のほうからは、「もう、打つ手がありません」と一応言われました。それで、家族、開いて、家族会議開いて、インターネット見て、がんを、ホスピスというとことで、一応、痛みを取って、緩和ケアということを知って、そこで約半年間、がんと付き合って、がんと共存できるような治療方法という選択になりまして、そこで…免疫療法とか、それから、サプリメントならびに、まあビタミン剤とかいろんな、あの、方法で、約半年間痛みも消え、体も調子も、よかったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る