※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー31

診断時:47歳
インタビュー時:63歳(2008年10月)
九州地方在住。1992年の夏、進行した前立腺がんと診断された。当時は、単身赴任中だったため、家族のいる故郷に戻って、治療を受けながら58歳まで仕事を続けた。最初は、家族にだけ、がんであることが告げられていた。ホルモン療法、化学療法、放射線療法、尿路変更術、緩和治療を受け、現在に至っている。診断当時小中学生だった子どもたちは、現在独立し、夫婦二人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

―― あの、奥さんは、何か、あの、普段の生活の中で、お声をかけたりしますか? あの、がんを、頑張っていることについて。

うーん、そうですね、やっぱし、まあ、夫婦ですから、もういろんな口げんかします。

―― 何か励ましの言葉みたいなのもあるんですか?

女房からはあんまりありません。(笑)

―― あとは、お子さんたちは、何かそのお父さんに対して、病気のことで言ったりとか、なさったりとかされますか?

はい、たまに、わたしと、まあ、女房と口げんかしたときに、…よく、あの、娘が言うことには、…こういう病気になったのは、好きになったんではないと……(涙声)…うーん、まあ、娘が言うてくれるのが一番うれしいです。……(涙声)

―― そのとき、小学生だった娘さんが、今は?

そうですね、あの、わたしも、孫が生まれるまでは、頑張らないかんと思って、まあ、一応、頑張って8月に初孫が生まれました。

―― それは、よかったですね。

ありがとうございます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る