※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー31

診断時:47歳
インタビュー時:63歳(2008年10月)
九州地方在住。1992年の夏、進行した前立腺がんと診断された。当時は、単身赴任中だったため、家族のいる故郷に戻って、治療を受けながら58歳まで仕事を続けた。最初は、家族にだけ、がんであることが告げられていた。ホルモン療法、化学療法、放射線療法、尿路変更術、緩和治療を受け、現在に至っている。診断当時小中学生だった子どもたちは、現在独立し、夫婦二人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

それで、入院して、そのときは、えー、まだ、前立腺がんとは告げられませんで、要するに、あの、腫瘍があると、えー、要するに、検査しなさいということで、検査しまして、大学病院にその検体を持って行って、悪性とあとで分かったんですが。最初は、家族には、「良性であって、進行、あの、手術をする必要はありません」ということを、あの、聞きました。それは、家族からも聞いたし、先生からも最初聞きました。
で、検査終わったあと、家族には、余命5年6年と言われました。そのときに、先生の話では、まあ、悪性の進行性であって、それで、骨に転移して、転移するだろうというようなことで、今になっては、あの、思われます。えー、ちょうど、そのときが、歳として47歳。今、現在、63歳で、えーと、16年も経っています。
で、今まで、16年の間に、最初、入院したときには、○(地元)の総合病院で、家族全員…集まってきました。(涙声)……それで、一応、わたしも何ごとかと思って、ま、聞いた、あとで聞いたんですが、もう、あと余命5~6年ということで、兄弟全部集まったみたいです。それで、病院で、最初は化学療法、ホルモン療法いろんなことしました。それで、ホルモン療法は長く続いたせいで、若干、あの、おっぱいが大きくなりまして、ちょうど、そうですね、娘が中学のときのおっぱいぐらいの大きさだったでしょうか。あの、わたしのおっぱいを見て、娘の言うことには、「わたしのブラジャーを、貸そう…貸そうか」ということがありました。(涙声)
そのあとに、一応、わたしも追求した結果、あ、悪性の進行…、悪性であって、進行性であるということで、えー、そのとき分かりました。ま、そんときは、もう、自分で、一応、あ、仕方ないと、まあ、なったからには、もうどうしようもできんから、っていうことで、一応、先生の言いなりに、ずっと治療続けました。
えー、そうしているうち、放射線治療、いろんな化学療法、ホルモン療法、それから放射線治療、そのあとに、えー、その時期に入院を14~15回しています、入院、退院を。ちょうど、まだ、子どもが中学校になった、長男がなったときですかね。で、わたしは、余命まあこれは5年6年ちゅうことで、収入がないということで、進学をあきらめて……(涙声)…長男のほうは就職のほうということになりました。で、長女は、一応、家庭の苦しさをわかったもんで、……奨学資金で、高等専門学校に行きました(涙声)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る