※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー41

診断時:63歳
インタビュー時:71歳(2008年12月)
近畿地方在住で、妻と母の3人暮らし。2000年、妻に勧められて受診した人間ドックで大腸がんと前立腺がんが同時に見つかった。大腸がんの術後3ヵ月で前立腺全摘除術を受けた。2004年7月、リンパ浮腫を発症。病院では情報が得られず、リンパ浮腫と分かるまで、非常につらい思いをした。子どもや親戚がインターネットを通じて、リンパ浮腫の患者会を探してくれ、そこでたくさんのアドバイスをもらい、とても救われた。

詳しいプロフィールを見る

ほいで、やっぱ、手術してすぐ出る人と、さて何年かたってね、僕でも4年、その人は何十年ってかけてきてっちってね。ほいで、その人かて「びっくりしたんや」っちってね。「ほうやけ、これ、何でこんなんになんなあ」って言う人から、「手術したときに、説明ありました」って言う人もあっと。その時分でもな。ほうやけ、僕ら、そんな説明なかったんでね(笑)。ほんまにびっくりしたんやけども。
ほうやけども、やっぱりみんな、集まっていろいろ話する中でね、やっぱり、ああ、自分…。こういう人もあんねやな。ああいう人もあんねやなっていうことで、だいぶ、気持ちの持ち方がよ、楽になったけどね。最初はもう、どないなるんないなっと思て(笑)。ほいで、みんな、その会の人らかて、後でわちゃわちゃ、こういろいろ話の中で、やっぱり「こういうことしてもうたんで、この会があったんで救われた」とかね、まあ、そういう話いろいろしてたけどね。うん。僕らかて、もうほんまに、その会がなかったら、ほんまにどないしよかいなと思って、いまだに、まあ、悩んでると思うわ。うん。

―― そうすると、ご自身にとって、会の存在っていうのは?

そうよ、ものすごく、うん。もうあんなに、何ちゅうんな、うれしいことなかった。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(78) ["name"]=> string(15) "リンパ浮腫" ["slug"]=> string(5) "rinpa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(78) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(78) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "リンパ浮腫" ["category_nicename"]=> string(5) "rinpa" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る