※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー41

診断時:63歳
インタビュー時:71歳(2008年12月)
近畿地方在住で、妻と母の3人暮らし。2000年、妻に勧められて受診した人間ドックで大腸がんと前立腺がんが同時に見つかった。大腸がんの術後3ヵ月で前立腺全摘除術を受けた。2004年7月、リンパ浮腫を発症。病院では情報が得られず、リンパ浮腫と分かるまで、非常につらい思いをした。子どもや親戚がインターネットを通じて、リンパ浮腫の患者会を探してくれ、そこでたくさんのアドバイスをもらい、とても救われた。

詳しいプロフィールを見る

家内がよ、そのー、あなー、「人間ドックを受けよ」って。それが、僕、もう達者であったんでね、もう「そんなもん、受けやらんでもええ」って言うちあったんよ。ほうやけど、家内が「もう、そんなこと言わんと、もう受けてきてよ」っちって、怒られもて行ったんで、ほんまに家内にはもう死ぬまで頭が上がらんっていうか(笑)。命を救われたっていうか、もう達者、自分がいっこも、あのー、体、悪なかったような感じやったんでね、もう2年も3年も放っちあったら、まあ、あのー、手遅れていうことになったん違うかなと思って、もう死ぬまで家内には頭が上がらんと思てんのやけど(笑)。ほうやけに、まあ、助かった命を、まあ、もらったっていう、家内にもらったっていう気持ちでいっぱいやけどね、ええ

―― 奥さまに命を救われたところもあるし。ご自身で(リンパ浮腫の)マッサージ頑張られて、時々はそういう釣りとか、ご趣味のことで楽しみも見つけてらっしゃって。

それは、ほんまに感謝感謝の毎日を送ってんのやけど(笑)。

―― そういう奥さまに対する感謝の心っていうのが、ある意味、病気をきっかけにしてっていうのがあるんですかね?

うん、まあ、うん、まあ、そういうことがやっぱり、そのー、夫婦の何がやっぱり、余計、こう近付いたっていう。そら、家内はどう思ちあったか知らんでね(笑)。ほうやけども、僕自体は、あのー、やっぱりありがたいなあって。やっぱり、あなー、自分の近くにいてる人をやっぱり大事にせないかんなっちう気持ちは常に持ってんのやけどね。それが態度に出てあるか出てないか、相手には分からんかも分からんけど(笑)

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る