※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー41

診断時:63歳
インタビュー時:71歳(2008年12月)
近畿地方在住で、妻と母の3人暮らし。2000年、妻に勧められて受診した人間ドックで大腸がんと前立腺がんが同時に見つかった。大腸がんの術後3ヵ月で前立腺全摘除術を受けた。2004年7月、リンパ浮腫を発症。病院では情報が得られず、リンパ浮腫と分かるまで、非常につらい思いをした。子どもや親戚がインターネットを通じて、リンパ浮腫の患者会を探してくれ、そこでたくさんのアドバイスをもらい、とても救われた。

詳しいプロフィールを見る

まあ結局、インポテンツっていうんか、ああいう、結局なるんやっていうことですわ。ほいで、まあ、「ケアとしては、またいろいろと、相談してくれたらええんやけども」っていう先生のお話もありましたけどね。

――その辺、やっぱり前立腺がんって、生殖器にかかわるものですから、治療の選択のときに、そこをすごく気にされる方もいらっしゃると思うんですね。

ええ、そのときね。結局、「夫婦でいっぺん、話しなさい」っちゅうことで、ちょうど半時間ぐらい、「部屋で2人で話せえ」っちゅうて、先生、出ていっとよ。ほいで、その中で、先生の話では「もうそんな、あかんようなるのやったら、もう手術せんと、注射でもう(男性ホルモンを)抑えるような注射が、ええ注射があるんで、もうそれでするって言う人もたまにあるんで、よく相談しなさい」って、先生、出ていってもうたんよ。ほやけど、もうそんなんやったけど、もう取っといてもらうっちゅうことで、手術に踏み切ったんです。

――ご夫婦でお話しされてっていうことなんですね?

はい、そうです。

――やっぱりそれは、どっちかっていうと、手術で取るほうを優先された?

はい、そうです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(2) { [0]=> object(WP_Term)#11079 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(12) "手術療法" ["slug"]=> string(7) "zenteki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "手術療法" ["category_nicename"]=> string(7) "zenteki" ["category_parent"]=> int(66) } [1]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(77) ["name"]=> string(24) "手術と性機能障害" ["slug"]=> string(2) "ed" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(77) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(77) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "手術と性機能障害" ["category_nicename"]=> string(2) "ed" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る