※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー41

診断時:63歳
インタビュー時:71歳(2008年12月)
近畿地方在住で、妻と母の3人暮らし。2000年、妻に勧められて受診した人間ドックで大腸がんと前立腺がんが同時に見つかった。大腸がんの術後3ヵ月で前立腺全摘除術を受けた。2004年7月、リンパ浮腫を発症。病院では情報が得られず、リンパ浮腫と分かるまで、非常につらい思いをした。子どもや親戚がインターネットを通じて、リンパ浮腫の患者会を探してくれ、そこでたくさんのアドバイスをもらい、とても救われた。

詳しいプロフィールを見る

ほいで、それもらってから、また、紹介状出してくれたお医者に行ったんよ。ほいたら、そのとき初めて、「先生こんな、リンパ浮腫と違うんかえ?」って言うたら、「リンパ浮腫です」って、まあ言うんやけども、「ほら、先生これ、どんなしたらいいんよ?」って聞いても、「どんなにしたらええ」っても言うてくれへんし。ほいで、その説明では、そのー「10人に3人ぐらいが、まあ、こういうもんが出るんや(*1)」というぐらいの話で、「ほいじゃあ、先生、これ、どんなしたらいいんよ?」って。ほしたらまあ、結局、矯正ストッキングっていうものが、まあ、インターネットに書いてあったんで、その書いたやつを、まあ、「こういうストッキング、先生、あるの違うんか」って言うたら、「そんなん…、まあ…あることはあるんやけども」ってその先生、言うて、そのー、詳しいこと、言うてくれやんのよ。ほいでそのー、「まあ10人に3人ぐらいかで、先に、そんなに説明することない、ようけないでしょう」っていうような言い方やしよ。ほいで、何となーくリンパ浮腫っていうもんは、まだそんなに何してないんやなっていうことで、まあ、したんやけどね。
ほうやってその時分はまだ、その先生にも、その浮腫っていう、リンパ浮腫っていうことにあんまり関心なかったようやねんな。うん。ただ、まあ、「がんっていうものを抑えたら、まあええやないか」っていうような、あら、考え方であったんちゃうかいなって僕から思うんやけどねえ。ほうやって、もうちょっとケア、やっぱり手術した後のケアっていうんか、そういうことをよ、もっと患者さんにね、言うてほしかったなっちって、まあ、言うたんやけどね。

*1 リンパ節を取る手術後にリンパ浮腫が起きる割合については、調査によってばらつきがあり、前立腺がんの手術後のリンパ浮腫に関する正確なデータはありません。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(78) ["name"]=> string(15) "リンパ浮腫" ["slug"]=> string(5) "rinpa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(78) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(78) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "リンパ浮腫" ["category_nicename"]=> string(5) "rinpa" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る