※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー25

インタビュー時年齢:25歳(2019年7月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・教育(2014年度入学)
関西地方出身の男性。脳性麻痺による肢体不自由で、手動車椅子を使用している。小中高までは普通学校で過ごし、大学は特別支援教育を学べる大学に進学した。山の上にあった大学はバリアも多かったが、約2か月の教育実習も行い、充実した学生生活を送った。自分が当事者として感じてきたことをもっと深めたいと思い、現在は関東地方の大学院で肢体不自由者について学んでいる。

詳しいプロフィールを見る

できるかどうかより、やりたいかを先に考えられるような環境をつくりたいなと思って研究をしていますし、そう言える子供たちを育てなきゃいけないというのはずっと思って…。何がやりたいのかがないと合理的配慮が決めれないというか、そういうこともありますし、何がやりたいのかというのをちゃんと問われないといけない。

――ご自身としては、できるかできないかよりも、ご自身のやりたいっていうのを、何て言うんですかね、大事にしてきたなっていうような、そんな思いですか。

そうですね。まあ、もちろん、それは現実問題、折衝をしなきゃいけない所っていうのはいっぱいあるとは思うんですけど、基本的にはそういう感じで、できるので、そこは結構大事かなと思います。

――じゃあ、その今、例えば進学に迷っているとか、その行き先を迷っているとか、大学選択に迷っているとか、そういう、お子さんがいらしたら、ご自身としては、できることを、考えてほしいというか、そういう思いでいらっしゃる?

そうですね。具体的に何がやりたいのかっていう所を大事にしてほしいなって思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14113 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(33) "障害学生へのメッセージ" ["slug"]=> string(7) "message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "障害学生へのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(7) "message" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る