※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:25歳(2019年7月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・教育(2014年度入学)

関西地方出身の男性。脳性麻痺による肢体不自由で、手動車椅子を使用している。小中高までは普通学校で過ごし、大学は特別支援教育を学べる大学に進学した。山の上にあった大学はバリアも多かったが、約2か月の教育実習も行い、充実した学生生活を送った。自分が当事者として感じてきたことをもっと深めたいと思い、現在は関東地方の大学院で肢体不自由者について学んでいる。

教員養成系大学ですから実習、教育実習等々がかなり1年生の頃からあったので、そちらの配慮に関してはかなりとことん詰めて、あの対応をしてもらった所はありますね。はい。

あの …、実習校の選定とか、あるいは介助者を付けて実習に行きますよとか。あと、基本的に実習ってスーツで行くもんなんですけど、服装の配慮をしてくださいだとかっていうことは、免許を取る実習、免許を取る実習の前の実習の段階で既に、いろんなことを試して行っていました。あとは福祉タクシーで学校まで行きますよだとかっていうことを、ある程度試して、言っていました。
で、実際免許を取る実習、小学校教員免許状と特別支援学校の教員免許状を取る実習に関しては、かなり実習校の選定もそうですし、どういうふうに指導をしていくのかみたいな話をかなり早くから進めていて…、はい、そうですね、そこの服装だったりとか、学校だったりとか、学校までの、通学の方法とかっていうのをかなり詰めてやっていました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧