※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:25歳(2019年7月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・教育(2014年度入学)

関西地方出身の男性。脳性麻痺による肢体不自由で、手動車椅子を使用している。小中高までは普通学校で過ごし、大学は特別支援教育を学べる大学に進学した。山の上にあった大学はバリアも多かったが、約2か月の教育実習も行い、充実した学生生活を送った。自分が当事者として感じてきたことをもっと深めたいと思い、現在は関東地方の大学院で肢体不自由者について学んでいる。

普段のその授業の中でも、ここにこういう配慮が必要ですっていうことはもちろん言えるし、それをこう1年生のときから積み上げては行くんですが、なかなか実習場面だと、「ここに配慮が必要です」だけだとなかなか伝わらない。もちろん、もうちょっと具体的に言っていかなきゃいけないというのはいっぱいありますし、「こういうふうならできます」っていうふうな提案の仕方も一つあるんではないかなと思います。
やはり大学での、大学内での授業だと、そこまでこう本人のほうから提示をしていくっていうことよりかは、こう対話をしていく中で決めていくということもあると思うんですけど。実習のところでも対話は変わらないんですけど、「ここならこういうふうならできます、こうやったらできます、なので、ここをこうしてください」というような配慮の申し出の仕方も一つやっぱり必要になってくんだと思います。

やっぱり基本的にはやっぱり普段の大学の授業での、えーと、先生の所に行って配慮依頼文を出して、自分で調整だとか、対話をやっていくということの積み重ねだと思うんですけれど。えーと、その中で、例えばこういうふうな授業のやり方だとできるっていうのを気付いたりとか、あるいはここは申し出ても大丈夫だっていうことが分かってきたりだとか。
もちろん、その法的な、ここまでは大丈夫っていう所もあるんですけど、そういうふうなものを積み重ねていくことで、えー、いろんな出し方ができるっていうふうに。
「困っているんです」だけじゃなくて、「こう、こうならできるんですけど」っていう所まで言えると相手は非常に分かってくださるし考えてくださるので、そういうふうな出し方は、まあ、実習に限らずですけど、大学4年生になるくらいまでには、やっているような気がします。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧