※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー26

インタビュー時年齢:35歳(2019年8月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・障害児教育(2002年度入学)
東北地方出身の女性。生まれつきの難聴。4世代の大家族で育ち、小中高は普通学校に通ったが、聞こえないことを誰にも言わないで過ごしていた。大学進学を機に実家を離れて、初めて聞こえない人と交流を持ち、授業にはノートテイクをつけ、手話も学んだ。大学時代は自分の聞こえ方と向き合う機会が多くあった。現在は、夫と義両親と四人暮らしで、小学校の教員として働いている。

詳しいプロフィールを見る

え ーと、私は、まず、高校を卒業するときに一番に思っていたことは、まず実家を出ること、が、まず一つで、県外にまず出るというのが一つと、親元を離れるということと…、っていうのが、まず第一で。まあ、将来の夢もないし、何かしたいわけでもないし、まあ、とにかくこれだけが目標で、いました。
 で、自分自身は難聴だということとか補聴器をしていることは、うーんと、誰にも言ってなかったので、自分が言ったことはなかったので、親が担任の先生にだけは言っていたんですけど自分からは誰にも言ったことがなくて、ずっと隠して生活をしてきていたので…。
 大学に行きたいというよりは家を出たいという気持ちだけでいたので、大学、さあ、さて、どうしようかってなったときに担任の先生が、まあ、やりたいことがないんだったら教育大に行ったらいろんな専門の先生がいるから、そこに行っていろんな勉強をして、何か好きなことを選んだらいいんじゃないかっていうのと。
 あと、その、ある教育大だと、その聞こえない人に対する、支援というか何か、あなたにとっていいことがあるかもしれないから、ここはちょっとお勧め、まあ、お勧めというか推薦できなくもないよという話をいただいたので、推薦してもらえるなら、と思って決めました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14056 (17) { ["term_id"]=> int(12) ["name"]=> string(12) "大学選び" ["slug"]=> string(5) "erabi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(12) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(12) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "大学選び" ["category_nicename"]=> string(5) "erabi" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る