※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:35歳(2019年8月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・障害児教育(2002年度入学)

東北地方出身の女性。生まれつきの難聴。4世代の大家族で育ち、小中高は普通学校に通ったが、聞こえないことを誰にも言わないで過ごしていた。大学進学を機に実家を離れて、初めて聞こえない人と交流を持ち、授業にはノートテイクをつけ、手話も学んだ。大学時代は自分の聞こえ方と向き合う機会が多くあった。現在は、夫と義両親と四人暮らしで、小学校の教員として働いている。

学生のときは県内で、聞こえない学生が集まる団体があったので、それもまたノートテイクを紹介してくれた先輩に誘われてその団体に入って。当時は、やっぱりろうに近い方が多かったので、皆さん手話でやり取りをされていたので、あ、私も手話を覚えたいと思って、それで手話も覚えたんですけど。そういう中で、皆さん、手話通訳を使ったり、講義はノートテイクを使っているっていう話を聞いて、やっぱり自分にも必要なのかなって思いつつ、でも、ある先輩に「そんなに聞こえるのにノートテイク必要なの?」って、聞こえない先輩に言われたんです。それがすごいショックで、あ、私はノートテイク必要って言っちゃいけないのかしらって、思ったのと。自分が聞いて、頭の中で一生懸命復唱しているっていう話も、一生懸命伝えたんですけどみんなに通じなくて、みんなそんなことしてないんだっていうのも気づいて、全く聞こえない人はそれをしないんだっていうのにも気付いたのと。
あとは、同じ大学に通っていて、先輩がノートテイク欲しいです、付けたいですって先生に言うと、「いいですよ」って言われるのに、私が言っても「駄目です」って言われてたので、何で先輩はいいって言われるのに、どうして私は駄目って言われるのかなっていうのがずっと疑問にあって。
当時はやっぱりうまく説明もできなかったので、しようがないから先輩に付いて来てもらって先輩に説明してもらって、しようがない、それなら、じゃあノートテイク付けてあげますよ、みたいな感じで付けてもらってたので、あ、自分が言っても駄目なんだっていうのもあって。あの、全く聞こえない側には私は行けないんだっていうのは、そのあたりでうすうすやっぱり感じて。はい。じゃあ私はどこに、どこにみたいなのはずっとありましたね。はい。

やっぱり先輩は、うーんと、もうやっぱり聞こえないことの説明もできるし、聞こえないことで、どうして情報保障が必要かっていうのも多分うまく説明ができてたんだと思うんですよね。はい…。でも、(先輩にどうやって自分がノートテイクが必要だということを説明してもらったかは、)全然覚えていないです、今は。とにかく、この人を連れて行けばいいみたいな思いで連れて行ってたので。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧