※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:41歳(2019年1月)
障害の内容:内部障害(逆流性腎症による慢性腎不全、人工透析治療を受けていた)
学校と専攻:短期大学・看護学(1995年度入学)、大学院・看護学

近畿地方在住の男性。両親、兄の4人家族で育った。0歳で腎疾患の診断をされて、15歳から人工透析を開始した。透析をしながら働く看護師の言葉に励まされ、看護師を志す。大学では、周囲からサポートされながら生活した。就職活動は難航したが、理解ある医療者と出会い、働く場を得た。その後、慢性疾患看護専門看護師(CNS)になった。数年前に腎移植を受けている。

――学校には一番最初に面接のときに言われたっていうことだったんですが、友達には、どういう感じで話をされたんですか。

友達には、腎臓が悪いので人工透析をしてますっていうのは普通に言うんですけども。
ただ高校生のときにそれ言ったんですね。で、高校生のときは、「透析って何やねん」っていうところから始まりますので、全く理解もされないっていう状況だったので、高校んときは正直言って、サポートしてもらうというか、こういうことは期待できなかったのかなと思います。ただその中でも自分ができること、できないことって正直ありましたので、そこは伝えないといけないなって思っていましたので。
(看護の)短大のほうに行ったときにはですね、人工透析をしてますってもう言った瞬間にですね、もうみんなある程度知識はありましたので、透析こういうもんなんや、「週、何回行ってんの、いつ行ってんの?」っていうのはすぐ聞かれましたので、そこはもうスムーズに言う、言えることができたのかなとは思いますね。だから高校のときに比べると短大のほうが、病気のことを伝えやすかったっていうのは逆にあったと思います。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧