※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:41歳(2019年1月)
障害の内容:内部障害(逆流性腎症による慢性腎不全、人工透析治療を受けていた)
学校と専攻:短期大学・看護学(1995年度入学)、大学院・看護学

近畿地方在住の男性。両親、兄の4人家族で育った。0歳で腎疾患の診断をされて、15歳から人工透析を開始した。透析をしながら働く看護師の言葉に励まされ、看護師を志す。大学では、周囲からサポートされながら生活した。就職活動は難航したが、理解ある医療者と出会い、働く場を得た。その後、慢性疾患看護専門看護師(CNS)になった。数年前に腎移植を受けている。

学校の先生についてはですね、あの、もう常に、でも声掛けてもらうっていうのが一番多かったんですね。「無理してない?」とか、「体調最近どうなの、透析うまくいってんの?」、もうそれだけ、言葉だけで、見てくれてるっていうのが伝わりましたので、1人じゃないんだなっていうのがあったので、それが本当に、何かしてくれるというよりも、声掛けてくれるっていうだけのほうが本当にありがたかったよな、と思いますね。はい。

――そうですか。はい。
 ちなみに学校の先生は、ほとんど全員の先生が、(あなた)ご自身のことを知っていたんですかね。

そうですね、看護学部の先生たちは知っておられたと思います。
ただそこは、もう本当に、いろんな学部がありましたので、栄養科もあれば臨床検査技師とかもありましたので、そういった先生方は恐らく知らなかったのかなと思うんですけども。(看護学部は、)ほとんどの先生は知っておられたと思いますね。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧