※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー05

インタビュー時年齢:41歳(2019年1月)
障害の内容:内部障害(逆流性腎症による慢性腎不全、人工透析治療を受けていた)
学校と専攻:短期大学・看護学(1995年度入学)、大学院・看護学
近畿地方在住の男性。両親、兄の4人家族で育った。0歳で腎疾患の診断をされて、15歳から人工透析を開始した。透析をしながら働く看護師の言葉に励まされ、看護師を志す。大学では、周囲からサポートされながら生活した。就職活動は難航したが、理解ある医療者と出会い、働く場を得た。その後、慢性疾患看護専門看護師(CNS)になった。数年前に腎移植を受けている。

詳しいプロフィールを見る

演 習のときにできない手技っていうのが、例えば体位変換ですね。体位変換、体を患者さん、寝たきりの患者さんを、抱えて横に向けるであったりとか、その患者さんを搬送するっていうことに関しては、内シャントって、こう(手首に)透析の血管ありますね、あれは上から重さを載せてはいけないってなっていますので、そこはやっぱりできないっていうところがありました。なので、できるだけ、そこの演習に関しては、避けていただくようにはしていました。はい。それは先生にお伝えをして、友人にも伝えて、これはできないんだっていうことはお伝えして、そこは、あの、理解を得たのかなと思います。はい。

――特 にそういうできないことは、もうそこはスキップでっていう感じで問題なかったですか?

いや、スキップではないんです。そこは学校の先生に、「できなければ、では、できる方法を考えようか」って言われるんですね。
なので、手をこういうふうに(ベッドに寝ている患者さんの腰の下に)入れて体、横に向けるって難しかったので、手を入れない方法で横に向けるっていう方法を考えていくんですが、自分1人では、思い付かないんですね。
なので、友人たちがサポートしてくれる、そこは。「じゃあ、一緒に考えよう、○(インタビュイーの名前)」って言って、一緒に「どんなふうにやったら横向けれるんやろうね」っていうのを、いろんなシーツ使いながら、枕使いながらっていうのをみんなで考えてくれて、これやったら内シャントに影響ないよねっていうのを、みんなが手伝ってくれたんですね。
まあ、そこは本当に、もう、ありがたいなっていうふうに、思いながら、いました。はい。

そ れ、学校の先生のテーマだったので、「現場に行ったら、じゃあ、誰にお願いするの、あなたは」って言われたんですね。ああ、そうだな、現場って確かに、透析をしていましたので現場は忙しいことはよく理解できますので、「僕、できませんじゃ駄目だよね。じゃあ、できる方法、あなたでもできる方法をやっぱり考えないといけないよ」っていうのは、(学校の先生に)言われたんですね。
ああ、確かにそうだなって思いながら、それで自分が、じゃあ、できる方法をっていうのを、みんなが一緒に考えてくれました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14055 (17) { ["term_id"]=> int(16) ["name"]=> string(15) "演習や実習" ["slug"]=> string(5) "ensyu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(16) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(16) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "演習や実習" ["category_nicename"]=> string(5) "ensyu" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る