※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:28歳(2019年9月)
障害の内容:精神障害(反復性うつ病)、発達障害(自閉症スペクトラム障害)
学校と専攻:大学・法学部(2010年度入学)

関東地方在住の女性。高校の時から、秋冬になると気分が落ち込む症状があった。大学入学後は秋になると大学に行けなくなり、2年生でカウンセリングを受け始めた。3年秋冬の就職活動がうまくいかず、その後大学院在学中に、春夏と秋冬で気分に波が出る「反復性うつ病」と、発達障害の「自閉症スペクトラム障害」と診断された。現在は社会人1年目で、一般企業の障害者雇用枠で働いている。

就職活動は主に自分の場合は、エージェントさんを使いました。そういう障害者雇用を専門に扱っているエージェントさんで、求人を出している会社と、そういうお仕事を探している人との間を取り持ってくれる、エージェントさんを使って、そこを通してこういう企業が採用していますよっていうふうに教えてもらって、その中で自分のいいなと思う会社を、にエントリーして面接に呼ばれてっていう感じでした。

で、面接の対策とかは…、そのエージェントさんの所に行って、そこでも対策をしましたし、大学のキャリア支援室とかでも、面接の練習をしてもらったし。自分は、正式名称は何だったかな、障害者就労、就労、生活…、何か障害を持つ人の生活や就労を支援する、そういう機関があって、私が行ったのはOさんっていうところだったんですけれども、そこでも、あの就職の面接の練習とかをしてもらいました。

――ご自身はどのぐらいのところをこう受けられたとか、そういうのはどうだったんですか。

えーと、エントリーした企業数は大体15ぐらいで…。ただ、その中で面接に呼ばれたのが3つでしたね。

――で、合格、内定をいただいたのは。

えーと、内定をいただいたのは、そのうちの1つだけでした。

――で、今、そこにいらしているっていうかたちですか?

はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧