※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:28歳(2019年9月)
障害の内容:精神障害(反復性うつ病)、発達障害(自閉症スペクトラム障害)
学校と専攻:大学・法学部(2010年度入学)

関東地方在住の女性。高校の時から、秋冬になると気分が落ち込む症状があった。大学入学後は秋になると大学に行けなくなり、2年生でカウンセリングを受け始めた。3年秋冬の就職活動がうまくいかず、その後大学院在学中に、春夏と秋冬で気分に波が出る「反復性うつ病」と、発達障害の「自閉症スペクトラム障害」と診断された。現在は社会人1年目で、一般企業の障害者雇用枠で働いている。

――あの就職活動をしようって思ったときに、ご自身が、こうノートを作られたりとかいうお話をされてたんですけど、それはやっぱりご自身のことを知るためとか、そういう意味が何かあったんですか?

そうですね。自分が今までしてきたこととか、そういうのを整理するためにやってました。

――具体的にはこう、どんなことを書いていて、ご自身の整理になったかなって思われていますか?

そうですね…。うーん…。まず時系列に沿っていつ、病院に行ってとか、いつカウンセリングを始めてっていうこととか。あと、そのときどういうふうに感じたかとか、どういうことが自分にはうまくいかなかったとか、そういうのをこう書いていくと結構整理になりましたね。どういうことがうまくいかなかったかと、あとはどうしたらうまくいったかということも書いて、それが結構自分の中で整理になりました。

――それはこう整理をした…、整理をして、どういうふうにやるとうまくいったっていうことを、また次に活かすみたいなこともできたかなって思われますか?

そうですね。やっぱり、特に会社入ってから、そういう学生時代こうだったっていう経験を基にして、会社でもこういう配慮をお願いしますって頼んだりとか、自分でこういう工夫をするとか、そういうのはやっぱり、学生時代に整理したことがすごい役に立っていると思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧