※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:28歳(2019年6月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・工学部(2009年度入学)

首都圏在住の男性。先天性の難聴。小学校は普通学校、中高とろう学校へ通った。大学は、ドラえもんを作りたいと工学部へ進学した。学部では情報保障がなかったが、聞こえない仲間との交流が楽しかった。大学院は聴覚障害学生が多い所へ進学し、研究を通じてディスカッションなども学ぶことができた。現在、メーカーで働き始めて5年目になる。

――大学1年から一人暮らしを始められて、その一人暮らしを始めるうえで、耳が聞こえないことが、なにか、難しいことに出会ったりとかなにか困難とか、ありましたか。

よくあったのは、宅配便が来たのがわからなかった。何回か宅配便の人とトラブルがあったので、その時に役所に相談しに行った。そのときにチャイムと連動して光るランプがあるというのを教えてもらって、解決した。
あと、家の中の音がわからないので、一回やらかしたのが、やかんに火を沸かしたまま、疲れて寝てしまった。5時間後くらいに起きて、やかんに、火をかけっぱなしだということに気付いた。やかんが壊れただけで済んだけど、あのときはけっこう危なかったです
そのときから電気ケトルになりました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧