※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:28歳(2019年6月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・工学部(2009年度入学)

首都圏在住の男性。先天性の難聴。小学校は普通学校、中高とろう学校へ通った。大学は、ドラえもんを作りたいと工学部へ進学した。学部では情報保障がなかったが、聞こえない仲間との交流が楽しかった。大学院は聴覚障害学生が多い所へ進学し、研究を通じてディスカッションなども学ぶことができた。現在、メーカーで働き始めて5年目になる。

実のところ、その説明会で、ま、いろいろお話を聞いた会社には行かなくて、えーっとまあ、言い忘れていたのですが、院1年の夏にインターンに行った会社があって、就活の終わりごろにその会社のことを思い出して、改めて受けたらいい感じだったので、ま、そのまま入った、という流れです。

――えーっとその院生の1年目でインターンに行かれたっていうことなんですけど、そのインターンに行く時に、あのこれはえーっと、やっぱり開発系の会社とかだったんですか。

あ、開発、IT系のソフトを作っているところです。

――こういうインターンの時とかは、ま、ご自身が聞こえないということとかを、あの、相手の会社に伝えたりとか、そういうことはされるんですか。

はい、まあ、伝えました。で、その時、インターンの時は、基本的にしゃべりはやめて、全部筆談でコミュニケーションを取ってもらった。そのとき、社員の人は全く嫌な顔をせずふつうにコミュニケーションをとってくれたので、いいところだなと思った。
でまあ、実際に試験を受けて受かった後に、配属予定の職場、インターンのところとは違う部署、の見学に行った時も、似たような対応だったので、会社全体として障害者に理解がある、特別なことを言わなくてもスマートに対応してくれる会社だなと思って入った、という流れです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧