※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:28歳(2019年6月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・工学部(2009年度入学)

首都圏在住の男性。先天性の難聴。小学校は普通学校、中高とろう学校へ通った。大学は、ドラえもんを作りたいと工学部へ進学した。学部では情報保障がなかったが、聞こえない仲間との交流が楽しかった。大学院は聴覚障害学生が多い所へ進学し、研究を通じてディスカッションなども学ぶことができた。現在、メーカーで働き始めて5年目になる。

勉強の意味では、困らなかったのですが、研究なのでアイデアとか議論が重要。議論自体は、まあ、実は自分と他の人の議論だけではなくて、他の人同士の議論でも重要な気付きが得られる。まあ、なので、まあ、自分と他の人の議論は分かったんですが、他の人同士の議論がわからなくて悩んだというのはあります。

――なんとなく、分からないで過ぎてしまっても、あの、もうそういうものかなっていう感じですか。

他の人同士の議論なので、自分が理解してなくても、直接的な被害はない。ので、聞きにくいし、向こうも説明の必要性を感じない。

――ご自身にとっては、もうあの直接的な被害がないから、あの、まあいいかなと言う感じだったのか、それとも、やっぱりせっかくはい、所属された研究室だったから、もっと他の人の議論もこう自分が理解をしたいなとか、ちょっとこう悔しい思いを持ったとか、ちょっとそのあたり、どんなこの、思いで、この時間を過ごされていたんですか。

どんな思い・・・・。どんな思い・・・(笑)。えー、まあ、仕方ないなぁと諦めつつも、まあ、議論の内容がわかれば、もっと、まあ、いい感じに研究できるんじゃないかなって気持ちはありました。

――逆に、あの、耳の聞こえない友達とか、他の大学に通っている方に相談をしたっていうことなんですけど、どういった相談をして、どんな風に、例えば何か助言をもらったりとか、そういうのがあったかとか。

ああ、助言はもらっていない。私も悩んでいるんだよねーという感じ。結局、研究室をどうにかするよりも、自分で議論の場を作ったほうが早いよねーという流れになって、耳の聞こえない学生同士で議論をする場を作ったりした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧