※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:28歳(2019年6月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・工学部(2009年度入学)

首都圏在住の男性。先天性の難聴。小学校は普通学校、中高とろう学校へ通った。大学は、ドラえもんを作りたいと工学部へ進学した。学部では情報保障がなかったが、聞こえない仲間との交流が楽しかった。大学院は聴覚障害学生が多い所へ進学し、研究を通じてディスカッションなども学ぶことができた。現在、メーカーで働き始めて5年目になる。

――それは具体的に、どんな場だったんでしょうか。

いろんな、ま、理系のいろんな専門の人がごっちゃ混ぜになって、自分の研究のホットな話題を発表したりする。で、まあ、その研究がどう社会に生きるのかとかそういう議論をしておしゃべりの練習をするみたいな場です。こう書くと真面目に見えますが、実際はお酒飲みながらプレゼンをして遊ぶ場でした。

耳の聞こえない学生は、実は福祉系の学部に通う人が多くて、理系はボッチ扱いされる。自分の地域には、理系の話ができる人がいないという声が結構あったので、じゃあ一年に2回くらい集まって、まあ、オフ会みたいなのをやろうかと、そういう流れでできました。

――ご自身にとっては、こういう場を、が、あることって、どんな意味があったんですか。

まず背景を説明すると研究室の議論で、質問にうまく答えられないことがあった。その原因が、相手の言っていることが聞こえないからわからないのか、単純に知識が足りないからなのか、よくわからなかった。なので、自分で場を作って、「相手の言っていることが分からない」という条件をシャットアウトした。なので、議論をするときに、その場で議論をするときに、うまく答えられなかったら「自分の知識が足りない」というのが明確になった。なので、議論の力を鍛えることができたというのが大きいです。

――ここで、こういう場で聞こえない方同士で議論をするときは、手話を使うんですか?

手話をつかいます。

まあ、色々やり方はあって、指文字という日本語をまるごと、直接的に表現する方法を使ったり、プレゼン形式なので、スライドに専門用語を書いたり、あとは、その場限りの臨時的な手話を作る、「この用語はこんな風に表現するよ、いまは」という風に決めてやる、とか、そういう方法を使っていたと思います。まあ、上のやりかたはけっこう使われていた記憶があります。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧