※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:28歳(2019年6月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・工学部(2009年度入学)

首都圏在住の男性。先天性の難聴。小学校は普通学校、中高とろう学校へ通った。大学は、ドラえもんを作りたいと工学部へ進学した。学部では情報保障がなかったが、聞こえない仲間との交流が楽しかった。大学院は聴覚障害学生が多い所へ進学し、研究を通じてディスカッションなども学ぶことができた。現在、メーカーで働き始めて5年目になる。

私が進学を決めたのは高校2年のころです。確か冬。きっかけは、えーっと、高校2年の夏休みに、近くの大学の先生が高校まで来てくれて、まあ、ロボットの体験授業をしてくれました。そこから、まあ、ロボットを作ってみたいなと思って、大学に行こうと思いました。こういうきっかけなので、ロボットを作りたいということで工学部に進学を決めました。という流れですね。

――どんなロボットを作りたいなと思われたんですか?

夢の夢の話なんですが、まあ、ドラえもんをつくりたいと思っていました。昔からドラえもんが好きだったので、それを作りたいと思いました。

あの、大学に行くかどうか、は、小さい頃は全く考えてなかったです。というか、高校2年くらいになって初めてそういうものがあると知った、というレベルです。

――そうすると、中学とか高校のはじめの頃っていうのは、高校が終わったらどうするっていうのは何か?

高校卒業したら、地元の大きな会社の工場で、会社の歯車になって働く、というのが多いです。

――そういう風に思っていた。で、結果としていま大学院まで行かれて、今こうやって、工学系の開発の仕事をされているっていうことについては、やっぱりあの、その、ドラえもんの先生、ドラえもんの先生じゃないんだけど(笑)、そのロボットの先生に会ったことがきっかけで、こんなにこう、人生がわーっと開けたという感じなんでしょうか。

その先生の影響が大きいです。まあ、その先生と、その先生を連れてきてくれた理科の先生がいて、ロボットを作るためにはどうすればいいのか相談した。そしたらまずは大学に行って勉強して研究室に入るのがいいよというアドバイスをもらった。そこから具体的に考え始めた。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧