インタビュー内容テキスト

マンモ(グラフィ)の施設があるところ、今はもうだいぶ増えたかと思うんですけど、3年前?2年前?ちょうど今年で3年目になるから、そのころは、この住んでるところで、マンモグラフィがある大きな病院、3ヶ所しかなかったんですね。で、一つの病院は、あんまりよくない(笑)っていうのか、インスピレーションが悪かったので。で、2個目の、もう一つの病院は、できたばっかりの病院だったんで、うーんって考えて、迷った挙句、まあ、なじみのあるところに行こうかって言って行ったんですよ。
で、行ったら、たまたまその専門の先生がいらっしゃったばっかりで。で、ちょうどそのお隣の奥さんが乳がんになったときは違う先生で、専門じゃないから、(隣接している県の)ほかの病院に回されたって、お隣の奥さん。で、私は、「いや、もう今、その先生、いらっしゃらないよ。今、専門にいらっしゃってるらしいですよ」って言って、「ああ、そう」って。何か本当にね、ラッキーだったなって思って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言